DISASTER 防災

万一の事態に備えた
防災備品と共助の備え
安心の日々を支える設備仕様

平時から安心に備える

防災|ザ・パークハウス上鷺宮
『ザ・パークハウス上鷺宮』では、マンション内で助け合う「共助」の備えとして、非常用発電機、ポータブル発電機、浄水装置などの非常用給水設備、簡易無線機、災害用マンホールトイレ、救助用具など、インフラが機能しなくなった場合、復旧するまでの間に必要とされる「電気」「水」「情報」「トイレ」に関する防災備品を備蓄する防災倉庫が設けられています。また、災害時に落ち着いて計画的に行動し協力・連携できるよう、防災訓練の実施や、防災計画書など、管理会社のサポートにより平時から安心に備えられています。

防災備品

電気

電気イメージ写真|ザ・パークハウス上鷺宮
停電対策としてポータブル発電機、燃料が備えられているため、住民間での災害対策本部の夜間活動用にハロゲンライトへ電力を提供したり、連絡用無線機、パソコン、携帯電話などの充電等に使用できます。また、日中は屋上に設置されている太陽光発電の電力を利用し、パワーコンディショナーにある専用コンセントが使用できるようになっています。
※太陽光発電設備の利用は日中となり、天候などの条件により使用が制限されます。

水イメージ写真|ザ・パークハウス上鷺宮
1階共用部の水道栓の一部(消火ポンプ・給水ポンプ室及び屋内散水栓)には、水道本管から直接接続した水栓が設けられているため、停電時に給水ポンプが停止しても水道局からの配水が停止しない限り、水を使うことができます。また、水道本管破損などにおる断水時の備えとして、建物内に非常用水源(単独非常時利用水槽)が確保されています。防災備品として備えている浄水装置により飲み水としても利用できるようになっています。

情報

情報イメージ写真|ザ・パークハウス上鷺宮
マンション内に設けられた住民間での災害対策本部に居住者の安否確認や建物の被害状況を報告するため、簡易無線機やハンドメガホンが備えられています。

トイレ

マンホールトイレイメージ写真|ザ・パークハウス上鷺宮
各住戸のトイレが使用できない場合に備え、災害用マンホールトイレが設置されています。また、共用の備品として、水を必要としない簡易トイレセットが用意されています。

災害に備えた設備・仕様

耐震玄関ドア

耐震玄関ドア|ザ・パークハウス上鷺宮
大きな地震により、玄関のドア枠が変形してドアが開かなくなることがあります。室内に閉じこめられることがないように、ドアとドア枠の間に、メーカー基準によるクリアランス(隙間)を確保し、多少の変形の場合もドアが開閉しやすいように考慮されています。また、ドアガードや鍵受もドア枠が変形しても引っかかりにくい構造になっています。
※地震時の玄関ドア開放基準値(JIS基準:面内変形追随性:面内変形1/120時500N以下で扉開放可能)に合致。

マイコンガスメーター

マイコンガスメーター|ザ・パークハウス上鷺宮
震度5強相当以上(約250ガル)の地震を感知した際、あるいは長時間ガスの流量がある場合や、異常に多量のガスが流れた時など、ガスの供給を自動的に遮断するマイコンガスメーターが各住戸に採用されています。地震の衝撃で立ち消えした場合でもガス漏れの心配が少なく、火災などの2次災害を防止できます。
※防災備品の内容は変更される場合がございます。
※掲載している画像、素材(テキストを含む)などの情報は、分譲当時、竣工時、または当サイト制作時に作成、撮影したものであり、実際とは異なる場合がございます。
※掲載している画像、素材などの情報の一部には、イメージが含まれており、実際とは異なる場合がございます。